戻る

■南部鐵器の特長
 南部鐵器の大きな特長は厚みです。
 厚みのある鍋が熟をたくさん保有しますので、熱ムラが少なく、
 ふっくらとしたおいしいご飯に炊き上がります。

■上手なご利用方法
 ◎はじめに
  鍋と蓋をお湯でよく洗い、水を入れて強火で沸かし、そのお湯を
  捨てる動作を2〜3回繰り返してからお使いください。
  調理の前には必ず蓋のツマミと取っ手のゆるみがないか確認してください。

 ◎ご使用後は
  なるべく早めにお湯洗いし、十分に水分を取り除いてからおしまい下さい。
  ※焦げつきはお湯に浸しておくと取り除きやす〈なります。
  ※ご使用後一都由を塗っておくとサビ止めlこ効果的です。

■おいしいごはんの炊き方
@研いだお米を鍋に入れる。
Aお米の量の約1.2倍程度の水を入れる。
(夏で30分、冬で1時間程度そのままにしておく)
B加熱
 沸騰するまでは強火。その後弱火で約15分。
 最後の1〜2分は強火にします。
C火を止めて15〜20分程蒸らして出来上がり。

■お取り扱い上のご注意 安全のために必ずお守り〈ださい。
・急冷や、落城で〈ださい。割れたり、ヒビが
 入ることがあります。

・使用中や使用直後は鍋本体・取っ手・蓋が非常に熱くなり、
直接触ると火傷をする危険があります。必ず鍋つかみ等をお使い下さい。

・本製品には錆び止めの為、焼付け塗装を施してあります。
金属製のへらなど、表面に傷をつける恐れのあるものは
ご使用にならないで下さい。

・加熱する前、ごはん鍋の中にお米を浸してお〈時間は
長くても1時間程度としてください。長時間そのままに
すると鍋が錆びる原因となります。

・万一、錆が発生した場合は金属製のたわし等で錆を擦り
落とし、薄く食用油を塗ってからおしまい下さい。
また、鉄錆は無害ですので気にならなければそのまま
お使いいただいても使用上特に問題はございません。

・空焚きは焼付け塗装の変色、色落ちの原因となりますので
水分が蒸発するまでとし、長時間の空焚きはしないで
ください。

・電子レンジでは、お使いになれません。ご注意ください。

■岩鋳の刻印が品質を保証。類似品にご注意ください。
 南部鐵器は約400年の歴史があり、岩鋳は明治35年の創業以来、伝統の技術
 と品質を守り通しながらも、時代が求める新しい伝統の創造にも積極的に
 取り組んでおります。キッチンウエアシリーズには品質を保証する岩鋳の
 刻印が施されております。最近、類似品が出回っておりますで、お買い求めの
 際は十分にご注意ください。


戻る